夜桜撮影

都電荒川線にさくらトラムという愛称が付与されてから1年弱。ようやく桜の時期が巡ってきました(というかもっと前からこの愛称ついてるような印象がありましたが去年だったんですね)。

さくら夙川や井川さくらなんかもそうですが、桜の時期以外に名前を呼ぶの恥ずかしいですよね。1年52週間の中で桜が咲いている時期なんてせいぜい2週間ぐらいしかないので……。しかし、せっかく桜の時期がやってきたのだからさくらトラムを味わわずにはいられない!

ということで、行ってきました。といっても、元々都電の面影橋の駅から歩いてせいぜい5分くらいのところに住んでいるので月に1~2回ぐらいはその桜の名所を通っているのですが……。

都電の面影橋~学習院下の間にある高戸橋という交差点。明治通りと新目白通りが交わるところです。ここで荒川線がぐぐっとカーブを曲がっていくのですが、桜の木がたくさん生えている名所です。この交差点周辺は全体的に桜の木に包まれており、都電の線路がない反対側の角も有名です。

線路や列車は写っていませんが(実は右端に少しだけ線路が写っているのですが)交差点の北東の角から東側の目白通りを見ている辺りです。夜桜、良いですよね。普通に交通量の多い通りでただの歩道と車道しかないのでブルーシートを広げて花見をやるような場所ではないのですが。

列車を流して撮ってみましたが、なんか微妙……。実は写ってる列車が最終列車で、この1本しか撮ってません。実は三江線旅行用に新しく簡易三脚付き一脚を買ったのですが、それの試しで数枚撮りに行ってみただけなのでした。なかなか難しいですね。

簡易三脚付き一脚ってのは、一脚の足の先っぽの部分だけ小さな三脚がついていて「一応」自立するタイプの三脚です。先っぽだけ取り外してミニ三脚としても使えるので買ってみました。が、夜景を撮影するのにはさすがに心許なさすぎでしたね……。シャッターボタンを押すだけでだいぶ揺れてしまいます。一応2秒セルフタイマーにして撮ってみたのですが、それでも2秒だけではなかなか揺れが収まらなかったですね。本当であれば10秒程度のセルフタイマーにすべきところなんですが、交差点で止まっている路面電車が動き出すタイミングを見極めるのがなかなか難しいです。ま、リモートコントローラー買えって話ですけど……。

拡大すると結構ぶれているとは思うのですが、まぁなんとかぎりぎり使える程度でしょうか……。さて、今悩んでいるのは旅にこの一脚だけ持っていこうか三脚も持っていこうかということ。両方は持ちたくないので三脚+先っぽのミニ三脚か、一脚だけかのどちらかなのですがそれぞれ使いそうな場面があるんですよね……。三脚では邪魔になりそうな場所もあれば、安定しないと困る場所もありそうで。どうしたもんかなぁ?

それにしても今年の桜はずいぶん早いですね。もうかなり咲いています。これって満開なのでしょうか?

「さくらトラム」を見に来られる方は、今年はぜひお早めに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鉄道

    四国を駆け抜けた”TSE”2000系気動車が引退に

    JR四国のフラグシップ車両といっても過言ではない2000系特急型気動車…

  2. 鉄道

    さようなら、三江線に行ってきました

    旅の疲れもあって1週間ばかり更新をさぼっていましたが、三江線の最期を見…

  3. 鉄道

    麻雀漫画の「咲」にちらっと登場した粕渕という高校

    全世界の麻雀競技人口が10億人を越え、全国の女子高校生が頂点を目指し夏…

  4. 鉄道

    三江線の最期を見届けに行ってきます

    いよいよ残すところあと2日。本当に最期の時が来てしまいました。明後日3…

  5. 鉄道

    もうすぐ廃止される「天空の駅」宇都井

    3月末をもって間もなく廃線となるJR西日本・三江線。全駅訪問したので写…

  6. 鉄道

    HAPPY PARTY TRAIN TOURの臨時列車で記念乗車券777番を貰った話

    もう4ヶ月ほど前になりますが(というかもっと経ってると思った)。…

2022年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 雑記

    どこもかしこも人手不足……人手はどこに?君の胸に!
  2. 雑記

    海外の旅に興味を持ち始めたきっかけ
  3. 鉄道

    最終列車どうなる!?あと半月の三江線
  4. 鉄道

    500系新幹線車両が「ハローキティ新幹線」になって今夏より運行開始!
  5. 鉄道

    夜行快速「ムーンライトながら」がなんとか細々と生き残っている事情
PAGE TOP